プロフィールビデオの素材の選び方

最近は多くの方が結婚式において自身のプロフィルビデオを上映します。プロフィールビデオとは今までの生い立ちを紹介したり、出会ったなれそめ、どういった家庭に育ったかなどというものを紹介するビデオです。最近は挙式においては当たり前のように上映するようになりました。私はビデオ編集やカメラが趣味でその延長で友人や知人、もしくは噂を聞いた知人の知人等から結婚式のプロフィールビデオの作成依頼を受けたことがあります。回数にして5回、作成依頼を受けたことがあります。そのどれもが良いお返事を頂き嬉しく思っております。自画自賛はこれ位にして、私がプロフィールビデオの中で力を注ぎ、そして、苦労しているのが写真の素材選びです。

素材選びというのは文字通り、素材で主役となる方たちの写真です。プロフィールビデオは千差万別色々な種類があり、単純に生い立ちを紹介したもの。ドラマ風に仕立てたもの、メッセージを入れたもの。などなど、ここでは挙げきれないくらいたくさんのものがありますが、素材選びに関しては共通のコツがあります。以下にコツを幾つか紹介していきます。まず、選ぶ写真の枚数は30枚から40枚程度が妥当だと思います。もっと多くても良いのですが、これ以上になると大体同じような写真になってしまいますし、ビデオに多く盛り込み過ぎても一枚辺りの上映時間が短くなり、印象に残らない写真になってしまいます。逆に少なすぎてもストーリーの作り方、演出の仕方に無理が生じてしまい、見ていて不自然な印象を与えてしまいます。大体上映時間が4-5分程度が見ている人に飽きさせずに見させられる時間なのでそう考えるとやは30枚から40枚程度が妥当だと思います。

実際に使う写真はここから更に削ったものになります。次に写真の選び方ですが、これは生まれてから、出会い、そして今日に至るまでの写真をそれぞれ年代ごとにまとめてそこからバランスよく選んでいくのが良いと思います。単純にお気に入りの写真を選んでしまうと、やはりどれもある特定の年代の似たような写真ばかりになってしまうので、このようにバランス良く写真を選んでいった方が良いと思います。最後に、演出上必要となってきますので何枚か写真を新たに撮って頂いた方が良いと思います。二人でハートマークを描いて頂いても良いですし、二人で肩を並べて座って頂いても良いです。ネットなどにあるサンプルムービーを参考に演出上必要そうな写真を5から10枚程度選んでみると良いと思います。以上プロフィールビデオ、素材選びのコツでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*